エリートの反乱 - 高杉良

エリートの反乱

Add: ihakyby53 - Date: 2020-11-26 02:15:14 - Views: 5500 - Clicks: 9179

派閥争いから懲戒解雇の脅しをかけられたエリートサラリーマン課長が、身の潔白を明かすべく壮大な闘いに起ちあがる―表題作をはじめ、サラリーマンの琴線にふれる六編を収録。初めて文庫化された、短編でしか味わえない、原酒の濃密さにあふれる「高杉良の世界」。企業社会の光と影を. エリートの反乱 - 短編小説全集中 - 高杉良 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 高杉良の「エリートの反乱 短編小説全集(中) (講談社文庫)」に関しての本の基本情報ページです。 エリートの反乱 短編小説全集(中) (講談社文庫)の出版社・発売日が掲載されています。. ^ 日本経済新聞社の定款で、株式譲渡について、譲受人を会社の事業に関係のある者に限っているため。日本では日刊新聞法で当該株式会社の事業に関係する者に制限する旨の定款上の規定をすることを認めている。.

エリートの反乱 高杉良著 (高杉良短編小説全集 / 高杉良著 ; 佐高信監修, 1) 社会思想社, 1999. エリートの転身 (角川文庫) 著者 高杉良 (著). 高杉良さんが書かれた「エリートの転身」を読みました。 帯に書いてある 「会社より大切なものがある。 4人のサラリーマンの決断」 って文字が心の刺さって購入しました。 読んでみると、期待以上に働くことについて考えさせられ. 高杉 良『高杉良短編小説全集〈1〉エリートの反乱』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. Amazonで高杉 良のエリートの転身 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。高杉 良作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. bookfan エリートの反乱 - 高杉良 for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 部下の不祥事の責任を取って退職した証券マンは、チョコレート職人への転身を目指し単身スイスで修業を始める(『エリートの転身』)。.

Webcat Plus: エリートの反乱, 現代ビジネス社会の光と陰を描き次つぎと話題作を発表しつづける作家・高杉良の初めての短編全集。未収録作品を含め6編を収める。. 年に、高杉は『乱気流-小説・巨大経済新聞』(上・下)を上梓した。これは、当時日本経済新聞社の子会社の不正経理を巡るスキャンダルを描いた小説だったが、鶴田卓彦元社長は「自分たちをモデルにした事実無根の内容で名誉を棄損された」として、単行本出版などの差止めと損害賠償・謝罪広告掲載を求めて東京地方裁判所に提訴した(年4月11日の判決で、一部につき名誉毀損を認め、470万円の支払を命じられている)。この提訴の後、日経ではインサイダー取引などスキャンダルが続出し、高杉は「日経の企業体質が生んだ事件」と批判した。 年7月4日に、日経を退職していた大竹から譲り受ける形で日経株を取得し、高杉は株主総会に出席しようとするが、日経側は大竹の社友資格を取り消す注釈 1などして、7月13日に株式売買が無効と通告した。これに対し、8月14日に高杉が一連の日経株取引を有効として、株主の地位確認を求める訴訟を提起した。更に、株主代表訴訟を起こして、日経の経営陣への批判の姿勢を強めた。. 高杉良の「エリートの転身 (角川文庫)」に関しての本の基本情報ページです。 エリートの転身 (角川文庫)の内容・価格・出版社・発売日が掲載されています。 『エリートの転身』(高杉良) のみんなのレビュー・感想ページです(20レビュー)。作品紹介・あらすじ:部下の不祥事によって退職に追い込まれたエリート証券マンが選択したのは、“チョコレート職人”への道だった。. ショッピング!最安値情報や製品レビューと口コミ、評判をご確認. 年、74冊目。高杉良『エリートの転身』主としてサラリーマンの転職、退職を題材にした短編集。 エリートの転身日興證券創業者遠山元一の遠戚であったことから. Amazonで高杉 良のエリートの転身。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。. 派闘争いから懲戒解雇の脅しをかけられたエリートサラリーマンが身の潔白を明らかにするため壮大な闘いに立ち上がる(『エリートの反乱』)。 【著者紹介】 高杉良 : 1939年、東京生まれ。. エリートの転身/エリートの脱藩/民僚の転落/エリートの反乱 【著者情報】(「book」データベースより) 高杉良(タカスギリョウ) 作家。1939年東京生まれ。専門紙記者・編集長を経て、75年『虚構の城』でデビュー。.

高杉良のプロフィール:1939(昭和14)年、東京生れ。化学専門紙記者、編集長を経て、1975年「虚構の城」で作家デビュー。以来、経済界全般にわたって材を得て、綿密な取材に裏打ちされた問題作、話題作を次々に発表している。主な作品に『小説 日本. また、『高杉良経済小説全集』(全15巻)も刊行されている。近刊に『消失 金融腐蝕列島〔完結編〕』『挑戦 巨大外資』『反乱する管理職』『罪深き新自由主義』(佐高信氏との共著)がある。. 東京府(現:東京都)出身。小学6年生だった昭和25年の夏休みに、2歳上の姉、4歳下の弟、9歳下の妹の3人とともに千葉県二宮町(現:船橋市)にあったキリスト教系の養護施設に預けられた。その経験をもとに自伝的長編小説『めぐみ園の夏』を年5月に上梓している。子供の頃から病弱で、入退院を繰り返しながらグリム兄弟やアンデルセンの童話に没頭し、童話作家を志したこともある。早大中退。 業界紙の『石油化学新聞』に入社後、編集長まで務める。業界紙に務めている時に急性肝炎で入院し、会社に対して負い目を感じたことに加え、小学校からの友人だった大竹堅固(当時日本経済新聞記者)から小説を書くことを薦められて、作家として身を立てることを決意した。 1975年に『虚構の城』で作家デビューする。余りにリアリティーのあるストーリー展開だったために、モデルとなった出光興産の社員による内部告発ではないかと噂されるほど反響が大きかった。その後もサラリーマンの立場に立って数々の経済小説を著す。 初期の作品は、大物ではないながらも逞しく生きるサラリーマン像(ミドル)を描いたものが多いが、時代が下るにつれて、よりダイナミックな起業家や経営者、組織の腐敗にスポットを当てるようになった。最近では告発めいた作品が多くなっている。また、竹中平蔵を「実体経済を知らない」と酷評し、竹中とその側近であった木村剛・岸博幸のトリオを、日本経済を誤った方向に導く悪人的存在として、小説中に仮名でたびたび登場させている。. 『高杉良経済小説全集』の月報に連載された小説。 青年社長シリーズ 『青年社長』(上・下)(ダイヤモンド社、1999年) 『新・青年社長』(上・下)(角川書店、年) 和民を経営するワタミの渡邉美樹社長が実名で描かれる。. 「エリートの転身」の購入はbookfanプレミアム店で!:bk:エリートの転身 / 高杉良 - 通販 - Yahoo! Amazonで高杉 良の高杉良短編小説全集〈1〉エリートの反乱。アマゾンならポイント還元本が多数。高杉 良作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『エリートの転身 (角川文庫)』(高杉良) のみんなのレビュー・感想ページです(9レビュー)。作品紹介・あらすじ:ビジネスの第一線で活躍する4人のサラリーマンが40歳で迎えた転機。このまま定年まで今の会社で働き続けるのか? それぞれの人生を賭した決断を描く。著者自身による、後日談.

See full list on wpedia. エリートの転身 - 高杉良/〔著〕 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 部下の不祥事によって退職に追い込まれたエリート証券マンが選択したのは“チョコレート職人”への道だった(『エリートの転身』)。 自社の未来に絶望感を抱いていた42歳のエリートサラリーマンが、ある企業の紹介記事に惹きつけられた。. Amazonで高杉 良のエリートの転身。アマゾンならポイント還元本が多数。高杉 良作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届け. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 高杉良短編小説全集(1) エリートの反乱高杉良短編小説全集1 作者 高杉良 販売会社 社会思想社/ 発売年月日 1999/01/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 文庫「エリートの転身」高杉 良のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。ビジネスの第一線で活躍する4人のサラリーマンが40歳で迎えた転機。. エリートの反乱 高杉良 著 派閥争いから懲戒解雇の脅しをかけられたエリートサラリーマン課長が、身の潔白を明かすべく壮大な闘いに起ちあがる-表題作をはじめ、サラリーマンの琴線にふれる六編を収録。.

エリートの転身 - 高杉 良 - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。. 『懲戒解雇』(高杉 良 著) この作品は、一九七八年、「小説宝石」に読み切り中篇小説として発表した「エリートの反乱」を改題、大幅に加筆して、八五年に講談社文庫から刊行された。. エリートの反乱 短編小説全集(中) 著者名: 著:高杉 良: 発売日: 年11月15日: 価格: 定価 : 本体629円(税別) isbn:: 判型: a6: ページ数: 384ページ: シリーズ: 講談社文庫: 初出: 収録作品参照。.

高杉 良(たかすぎ りょう、1939年 1月25日 - )は、日本の小説家。 経済小説の巨匠として知られる。本名は杉田亮一。 経歴. (2ページ目)『懲戒解雇』(高杉 良 著) この作品は、一九七八年、「小説宝石」に読み切り中篇小説として発表した「エリートの反乱」を改題、大幅に加筆して、八五年に講談社文庫から刊行された。. Amazonで高杉 良のエリートの反乱 短編小説全集(中) (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。高杉 良作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

文庫「エリートの転身」高杉 良のあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。. 「高杉良」と期待して読んだ人にはなんともまぁ残念すぎる作品。 エリートの転身、エリートの脱藩、民僚の転落、エリートの反乱という四作からなる本。 「エリートの転身」 一流の証券会社に入社し、同期の中でも出世頭。.

エリートの反乱 - 高杉良

email: ekalulu@gmail.com - phone:(823) 740-7345 x 1298

両大戦間のアメリカ西北部日系社会 - 黒川勝利 - 静岡市南部

-> With Vendome with Jewelry with Love - ヴァンドームヤマダ
-> GTO スペシャルナイト裁判 - 藤沢とおる

エリートの反乱 - 高杉良 - 滝川昭雄 寺院と仏像のすべて


Sitemap 1

自宅でつくる織りもの - 石崎朝子 - 岡部伊都子 いのち明かり